のぼり旗の効果的な活用方法はいろいろありますが、使用される状況に応じてポイントが違います。

のぼり旗の歴史

不動産の展示場でよく目にする販売促進ツールとして、簡易テント、垂れ幕、
スタンド看板等があります。

横向き

 

中でものぼり旗は、設置の手軽さ、費用の面からもよく利用されています。
より効果的な展示場の販売促進ツールとするために、来客されるお客様の視点と
設置する会社からの視点とで、考察する必要があります。

 

まず、お客様の視点ですが、展示場の各物件を見学してもらうため、
入りやすい印象を与える内容が効果的となります。


デザインや字体は明るく、見やすいもので、表記内容はアピール事項を
単純明快にしたものの方が好感が持たれます。

 

次に、展示会社視点ですが、展示場には多数の不動産会社が参加しているため、
自社名が目立つ内容が効果的です。
この場合は、商品アピールというより自社アピールに重点を置いて、
のぼり旗のデザインや字体を考慮することが必要です。

前進

 

これらの二つの視点で、清潔感のある下地にデザイン、大きさ、数を考慮して、
のぼり旗を設置することが、不動産の展示場に利用する場面においては
より効果的と言えます。